デルスカットは副作用はなく安全

「デルスカットは効果があっても副作用はないかな?」
「デルスカットはず生理中、授乳中、妊娠中に飲んでも大丈夫かな?」

デルスカットは健康食品なので、副作用はありません。

薬と違って副作用はないのですが、食物アレルギーがある方は、医師に相談の上ご利用下さい。

また、過剰摂取しても効果が高まることはないので、容量を守ってお召し上がり下さい。

デルスカットの原材料・成分一覧

デルスカット副作用
デルスカットに使われている原材料と含まれている成分一覧です。

原材料・成分一覧
    プランタゴオバタ粉末(国内製造)、イヌリン(水溶性食物繊維)、ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、デキストリン、クマザサ粉末、有胞子性乳酸菌粉末、穀物発酵抽出物(小麦含む)、L-カルニチン酒石酸塩、グルコマンナン、チアシード粉末、褐藻抽出物、穀物麹、青トウガラシ発酵抽出物、白インゲン豆抽出物、スピルリナ粉末、殺菌乳酸菌粉末(大豆を含む)、大麦若葉粉末/炭酸Mg、増粘剤(プルラン)、酸味料、甘味料(アスパルテーム、L- フェニルアラニン化合物、スクラロース)、香料、クエン酸Ca

デルスカットの主要成分に副作用があるか紹介します。

サイリウムハスクの副作用

デルスカットのサイリウムハスクは副作用は報告されていません。

サイリウムハスクは肥満解消、便秘解消、コレステロール低減などの効果が報告されています。

サイリウムハスクの稀に「アレルギー症状」「下痢」などの症状ができることがあるようです。

また、基本的に摂取量を大きく超えなければ副作用の心配はありません。

カルチニンの副作用

カルチニンもサイリウムハスクと同じで基本的に副作用の心配はありません。

しかし、カルチニンを過剰摂取した場合には、吐き気、下痢、嘔吐などの副作用を起こす場合があります。

デルスカットの容量をしっかり守って飲めば副作用は起こることはありません。

カルニチンの補給を約3 g/日の用量で摂取した場合、吐き気、嘔吐、腹部痙攣、下痢、「生臭い」体臭などの副作用を引き起こす場合がある[1-2]。稀ではあるが、尿毒症患者には筋力低下、発作性疾患を有する患者には発作などの副作用が起こる可能性がある。

デルスカットの生理中・授乳中・妊娠中でも安全なの?

デルスカットは生理中に飲んでも大丈夫なの?

デルスカットは健康食品なので、生理中に飲んでも大丈夫です。

1日にたくさん摂取するようなことがなければ副作用が起こることは考えられません。

デルスカットは授乳中に飲んでも大丈夫なの?

デルスカットは、授乳中に飲むのはやめるようにしましょう。

産後でも授乳をしなくなった頃からデルスカットを飲むことをおすすめします。

デルスカットは妊娠中に飲んでも大丈夫なの?

デルスカットは妊娠中に飲むのは控えたほうが良いです。

体に赤ちゃんがいるので、妊娠中に飲むと影響が出てしまうことも考えられます。

もし、妊娠中でも摂取したい場合には医師に相談するようにしましょう。